世界中のどの国にも、カジノとギャンブルの文化は存在しています。その動機はお金、運、チャンス、興奮など様々です。興奮とお金があるところにはお酒があり、お酒があるところには素晴らしい物語が存在します。そのような物語を、音楽という形態で表現せずに歌とは言えないでしょう。

理論的に、音楽は芸術の一形態で、それはギャンブルにも当てはまります。これから紹介するカジノとギャンブルに関連した歌のリストを読むと、それが良く理解できると思います。

カジノでのギャンブル体験をより充実させるべく、カジノが音楽をどのように利用しているのかについて語る代わりに、ここではギャンブルやカジノと密接につながった歌詞をもつ歌について取り上げます。それでは、カジノに関連する歌のトップ10をさっそく紹介しましょう。

 1.「エース・オブ・スペーズ」byモーターヘッド

 2.「ラック・ビー・ア・レディ」byフランク・シナトラ

 3.「スリフト・ショップ」byマックルモア

 4.「シェイプ・オブ・マイ・ハート」byスティング

 5.「ウェイキング・アップ・イン・ベガス」byケイティ・ペリー

 6.「ポーカー・フェイス」byレディー・ガガ

 7.「マネー・フォー・ナッシング」byダイア―・ストレイツ

 8.「ザ・ギャンブラー」byケニー・ロジャース

 9.「エンジェル・アンド・ギャンブラー」byアイアン・メイデン

 10.「デューシズ・アー・ワイルド」byエアロスミス

上記リストには、有名な歌がいくつかあるので、既にご存じのものもあると思います。ご覧のように、ギャンブルやカジノにとって音楽ジャンルの違いは関係ありません。世界中のギャンブルアドベンチャーを歌った楽曲のジャンルは、ロックからメタル、ポップ、ラップ、ジャズまで、多岐に渡ります。

カジノに関連した歌のいくつかは、不運な状況とすべてを失った人について歌っており、と同時に、ギャンブルゲームをする際には気をつけなければいけないという注意を促しています。ギャンブルは楽しい時もあるものの、悲惨な状況を生むこともあり、それは避けたいものです。楽しむことと全財産を失うことは全く別のことなのです。

芸術の一形態として、音楽は我々に数多くのことを教えてくれます。音楽の本来の目的は、人々を楽しませることですが、楽しませるだけのものではないのも音楽です。カジノとギャンブルに関連した歌についての話を終える前に、カジノのBGM(バックグラウンドミュージック)について少し話しましょう。先ほどのリストに挙げたのと全く同じ歌をカジノのオーナーは流していると思うかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。客に無謀な決定をさせたり損をさせたりする、あるいは集中させてカジノに長く滞在させる、という目的によってテンポの異なるBGMを利用しているのです。次回カジノに行く際には、このことを思い出してみてくださいね。

皆さんは、カジノやギャンブルに関連する歌で何が好きですか?もしよければ、是非シェアしてください!